助産師HISAKOは
子ども達への正しい性知識を広める活動
【いのちの授業】をしております。

幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校・・・各発達段階の子どもたちを対象に『いのちの授業』をさせていただいています。
『性教育』とはちょっと違って、
子どもたちがこの世に生まれてきたこと。それがいかに奇跡的で素晴らしいことなのか。
あなたがここに生きていてくれることでどれだけの人を幸せにしているのか。
「生まれてきてくれてありがとう!」
「ただあなたが生きていてくれるだけで嬉しい」
そんなメッセージを伝えていきます。

【いのちの授業】Youtube動画は教育現場にて無料にてご使用いただけます。

お願い

学校で使用される場合は、こちらのフォームよりご一報ください。(使用料金は無料です)

いのちの授業 利用申請フォーム

動画使用後のアンケートにもご協力ください

使用後アンケート

講演のご依頼はこちら

これまでの講演実績

【2022年】
・沖縄県立美里工業高等学校2年生
・特定非営利活動法人 AmerAsian School in Okinawa小学校5・6年生 中学校1・2・3年生
・寝屋川市立第五中学校1年生
・株式会社ans オンラインイベント「離乳食のはじめ方」
【2021年】
・宜野湾市立嘉数中学校1・2・3年生
・うるま市与勝中学校3年生
・浦添市立仲西中学校3年生
・美里高校2・3年生
・浦添市立神森中学校3年生
【2020年】
・公益財団法人あいち男女共同参画財団 
・宜野湾市男女共同参画支援センター
・守口市立第一中学校 3年生 
・北六甲幼稚園
・豊中市立桜塚小学校1年生
・那覇市立松城中学校 全校生 
・沖縄市立コザ中学校2年生 
・うるま市立彩橋小中学校 全中学生 地域・うるま市教育委員会の方々
・うるま市立与勝中学校3年生 
・沖縄県立美里高等学校3年生
・コザ中学校2・3年生
・若夏学院 
・かきのみひろば
・屋我地ひるぎ学園 中学1・2・3年生
・名護市立羽地中学校 
・東中学校1・2・3年生
・渡嘉敷村立阿波連小学校 小学5・6年生 中学1・2・3年生
・浦添市立神森中学校3年生
【2019年】
・岸和田市立公民館
・阿倍野区民センター
・児童発達支援・放課後等デイサービス ラブパラオ
・大阪府立藤井寺高等学校
・豊川市立小坂井中学校1・2・3年生
・東大阪市立高井田中学校3年生
・島本町立第二小学校5年生
・東大阪市立小阪中学校 
・松原市立松原北小学校6年生
・大阪市立墨江丘中学校3年生
【2018年】
・サンケイリビング講演会
・菅南幼稚園子育て講演会
・鹿児島県徳之島子育て講演会
・東大阪市養護教員部会 性教育講演会
・講演会「助産師HISAKOの生き方」
・泉大津市商工会議所ファミリー向け講演会
・大阪市立北田辺PTA3校合同講演会
・箕面市子育て講演会
・大阪市社会協議会子育てセミナー
・奈良県生駒市幼稚園連合PTA子育て講演会
・鹿児島県徳之島子育て講演会
・島本町立第一中学校3年生
・東大阪市立縄手南中学校3 年生
・関西大学付属初等科2年生
・東大阪市立玉川中学校3年生
・島本町立第三小学校5年・6年生
・大阪市立北田辺小学校2年生・4年生
・鹿児島県徳之島伊仙中学校3年生
・鹿児島県徳之島伊仙小学校5年生・6年生
・鹿児島県徳之島犬田布中学校3年生
・鹿児島県徳之島伊仙町立喜念小学校5年・6年
・大阪市立田辺小学校2年生・4年生
・島本町立第二小学校5年生
・茨木市立中条小学校2年生・4年生
・茨木市立中津小学校2年生・4年生
・堺市立鳳中学校3年生
・茨木市立西中学校2年生
・東大阪市立高井田中中学校3年生
【2017年】
・宮崎県庁 講演
・鹿児島県徳之島 講演
・関西大学初等科2年生
・東大阪市立枚岡中学校1年生・3年生
・大阪市立北田辺小学校4年生
・大阪市立田辺小学校4年生
・島本町立第一中学校3年生
・大阪市立住吉中学校3年生
・和泉市立横山小学校2年生
・茨木市立中津小学校2年生
・東大阪市立池島小学校
【2016年】
・奈良県子育て講演会
・大阪市立中央図書館子育て講演会
・大阪市立島之内図書館子育て講演会
・島本町立第二中学校2年生「いのちの授業」
・島本町立第二小学校2年生「いのちの授業」
・大阪市立住吉中学校3年生「いのちの授業」
・松原市立松原中学校3年生「いのちの授業」
・東大阪市立玉川中学校3年生
・大阪市立北田辺小学校2年・4年生
・大阪市立田辺小学校4年生
・愛知県豊川市立小坂井中学校1年・2年・3年生
【2015年】
・三島郡島本町 小中学校保護者向け子育て講演会
・岐阜県 助産師HISAKO子育てセミナー
・豊中市フラウヨガ 子育てセミナー
・兵庫県篠山市 子育てセミナー
・北田辺小学校 いのちの授業
・東住吉区学童「いのちの授業」
・愛知県豊川市 助産師HISAKO子育てセミナー
・パナホームイベント 子育てセミナー
・大阪府 島本町 いのちの授業
・大阪府 豊能町 子育て講演会
・京都SUNSUNフェス2015 子育て講演会
・ビ・マインド 子育てセミナー
【2014年】
・大阪市北田辺小学校 いのちの授業
・京都府稲荷保育園 いのちの授業
・大阪市此花中学校 いのちの授業
・豊中市フラウヨガ 子育てセミナー
・東大阪市玉川中学校 いのちの授業
・大阪市安倍小学校 いのちの授業
・大阪市キッズプラザ 子育てイベント
・長野県 子育てサミットinながの 講演
・少子化担当大臣・サミット参加11県知事との対談
・三重県 子育てキックオフフォーラム 講演
・内閣府少子化対策タスクフォース会議 講演
・岡山県 子育て連盟キックオフフォーラム 講演
・北田辺保育園 いのちの授業
・大阪市矢田中学校 いのちの授業
・山口県 子育て連盟キックオフフォーラム 講演
・ビ・マインド 子育てセミナー
・寝屋川市 子育て講演会
・赤橋幼稚園 いのちの授業
・佐賀県 子育て連盟キックオフフォーラム 講演
・大阪府大冠高校 いのちの授業
・大阪市総合学習センター
・子育てシンポジウム 講演
・大阪市此花区 子育てセミナー
・交野市 虐待防止月間 子育てセミナー
・京都府乙訓郡 子育てセミナー
・大阪市 家庭教育充実促進事業 講演会
・愛知県豊川市 助産師HISAKO子育てセミナー
【2013年】
・ビ・マインド 子育てセミナー
・東京都 SHARP新製品・販促ご提案会 講演
・茨木市立中津小学校 いのちの授業
・大阪市安倍小学校 いのちの授業
・信愛女学院短大 子育て講演会
・兵庫県 三田市子育てフォーラム講演会
・大阪府 堺市立栂文化会館 子育て講演会
・KTC中央高等学院 いのちの授業
・兵庫県 ラーンネット・グローバルスクール いのちの授業
・スタジオアリス マタニティーセミナー
・豊中市 フラウヨガ 子育てセミナー
・北田辺保育園PTA いのちの授業 性教育
・北田辺小学校学童 いのちの授業
・東住吉区三校合同人権講演会 「子どもに性をどう伝えるか」講演会
・子育てサークル・ママココ 子育てセミナー
・万領保育園 いのちの授業
・交野市 子育てセミナー
・大阪市公立中学校教員講習会
・「子どもに性を伝える」講演会

『いのちの授業』
というと、

生まれてくるいのちが
メインの話のように
思われがちですが、

生まれてくるいのちがあれば、
死んでゆくいのちがあるということにも
触れていきます。

いのちは
“限られた自分だけの時間”
であること。

そのいのちを
どのように使うのか。

小さな子どもたちは
“すべてのものにいのちがある”
と感じています。

小学校4年生ぐらいになって
やっと、

“死は避けられないもの”
ということが
わかるようになってきます。

「いのちはどうして大事なの?」
の問いに

「ひとつしかないから」
「生き返らないから」

子どもたちなりに
答えてくれますが

実は
いのちの大切さとは
人に教えられるようなものでは
ありません。

また、
誰かに教えてもらって
知るものでもありません。

理屈ではなく自分の心で
大切だと感じるものなので

“なぜいのちが大切なのか?”
言葉で的確に示すことは
難しいと思います。

とくに
中学生高校生
成長した子どもたちを
対象に話すとき

「いのちはたったひとつしかない
 尊いものです。
 だから大切にしてください。」

熱く語ったところで
それは理想論の押しつけにしか
ならないと思うのです
いのちは大切。

でも、それは
いのちそのものが大切というよりも
いのちに向き合う“人の心”が
大切なのかもしれません。

たったひとつのいのちに対して、
人としてどう感じ、
どう向き合うか。

その姿勢こそが大切で
価値あるものなのです。

だから、

“いのちを大切にする“

ということは

いのちを大切にしたいと願う人の心に
土足で踏み込まないこと。
受け入れ包み込むこと。

いのちの特別さを
知らしめることじゃなく

いのちを大切に感じ
丁寧に扱う
人としての心を育むこと。
「いのち」という
実体のない漠然としたものより
目の前にいる
「あなた」が大切。

自分と自分の周りを
大切に思うことができれば

あなたは「いのち」と
誠実に向き合い、
大切にできる
“豊かな心”の持ち主なのだと
話していきます。

こんな時代だからこそ

生まれることの意味
死ぬことの意味
生きることの意味

いのちを大切にする意味を

地域の妊婦さん
赤ちゃん、ママにも
ご参加いただき

触れ合って

子どもたちが“心”で
大切な何かを
感じてもらえる授業に
なれば光栄です。
赤ちゃんは
どこから生まれてくると思う?

「おしりー」
「え?
 そんなんウンチまみれになるやん!」

「ちゃうで、おなかやで」
「え?おなかがパカって開くの?」

「おへそやろ」
「お空から来るんやで」

みんな真剣に考えて
答えてくれます。

「赤ちゃんはコウノトリが連れてくる」
「お母さんのおへそから生まれてくる」
「キャベツが割れて・・・」

そんな説明に
子どもたちが納得するはずは
ありませんね。

幼くても、
ウソはウソって
ちゃんと見破ります。

適当にごまかした説明をしたところで
子どもはやっぱり真実を知りたいから、
ネットで調べてみたり
友達にあらぬ俗説を聞かされたりして
とんでもない間違った歪んだ知識を
頭に入れちゃったりします。

だからこそ

「赤ちゃんは
 どうやって生まれてくるの?」

『いのちの授業』では、
いかにして真実を、

ありのままに
科学的に
神秘的に
ロマンチックに

子どもたちに伝えるか、が
腕の見せどころ!
赤ちゃんとのふれ合い。

これが人形相手だったら
子どもたちはふざけて
宙づりにしたり
投げたり、
乱雑に扱うこともありますが

本物の赤ちゃんだと
本当に優しい目をして
丁寧に丁寧に扱ってくれます。

小さないのちに、
愛おしさたっぷりに
微笑みかけ、

だっこさせてもらって

「かわいいー!」
「ちっちゃい!」
「あったかい〜!」
「やわらかい〜〜」

素直な感想が
口々に飛び出します。

みんな
将来は素晴らしいパパ、ママに
なるんやろうなぁ〜って
温かい気持ちになります。
おなかの中で
赤ちゃんは
どうやって過ごしていると思う?

最初はこんなに小さいのに
おなかの中でどんどん大きくなって

妊娠10ヶ月になると
身長50cm
体重3000g

まで成長するんだよ。

そして10歳になると
こ~んなに
大きくなるんだねー!!

いのちの授業は
子どもたちが
自分の存在価値や
ルーツを知る授業でも
あります。

精子と卵子が出会い
受精卵となって

大切に大切に
育まれる10ヶ月間の
壮大ないのちのドラマ。

子どもたちは
身を乗り出して
話に聞き入ります。
こんなチャンスは二度とない!

本物の妊婦さんにご協力いただいて
臨月のおなかを
子どもたちの前で
披露してもらいます。

子どもたちは
今にもはちきれそうなおなかに
息を飲み

ドップラーを使って
胎児心音に耳を澄ましてみたり

大きなおなかに触れて
小さくも力強い「いのち」を
感じます。

運がよければ
胎動を感じることも!

おなかに赤ちゃんがいる
妊婦さんの気持ちって?

毎日どんなことが
たいへん?

興味津々の子どもたち。

ぼくたち
わたしたちも
こうやって生まれてきたんだなぁ・・・

「いのちっていいなー」
「いのちってすごいなー」

子どもたちそれぞれが
それぞれの感性で
「いのち」を感じます。

HISAKO PROFILE