HISAKOブログHISAKOブログ
2022.05.23

芝生が枯れた!?

助産院ばぶばぶのお庭は
一面、鮮やかな緑のじゅうたんのような
芝の空間に色とりどりの南国植物が
たくさん植えられています。

芝のお庭は
コンクリートでは味わえない
自然の心地よさがあり、とってもおしゃれ!
来院されるママたちを癒してくれています。

ただ、芝は植物なので
それなりのお手入れが必要です。

植え付けてから1年ぐらい、
根がしっかり張るまではとくに
こまめな水やり、定期的に芝刈りを
がんばってあげることで、

密度も上がって雑草が生えにくくなり
キレイで強い芝になるそうです。

沖縄は年中暖かいからか、
芝の隙間からどんどん雑草が育ってきます。
コツコツと抜くのですが
生命力が強すぎてとても追いつきません!

こりゃどうしたもんかと
MARKがネットで

『芝を守って雑草だけやっつける
芝用の除草剤』

を見つけ

「これや!」

と大量購入しました。

これで雑草との戦いが和らぐ!
・・・はずでした。

ある日、
お庭の色がどんよりダークになっている
ことに気づきました。
まるで極寒の冬の庭みたい。

よーくお庭を観察すると
芝だけじゃなく、他の植物たちまでも
瀕死の状態!!

来院されるママたちの心を明るく元気にする
ビビットカラーの植物たちが
まるでディズニーアニメに出てくる
魔女の棲む城の庭みたいな薄気味悪さを
醸し出しています。

ばぶばぶに迷い込んだら
もう、だ〜れも出られない・・・
おそろしや〜

そんな雰囲気が漂ってきます。

MARK!
どーゆーこと?
芝は枯れずに雑草だけ枯れる除草剤なんじゃ
なかったの?

購入履歴を確認してもらったら
芝を枯らす除草剤を
大量に購入していました・・・( ; ; )

MARKは
ADHDという発達特性を持っています。

不注意、多動性、衝動性の3症状を
主な特徴とする生まれつきの発達障害で
注意の持続が困難だったり、
細部に注意が向きません。

なので、約束を忘れたり、
鍵や財布、スマホなど、
生活や仕事の必需品を頻繁に紛失します。

予定管理が苦手で
ダブルブッキングはしょっちゅう。
順番待ちしなければならない場面でも
順番を守ることが困難。

まるで何か駆り立てられるかのように
常に活動していないと落ち着かず
家でゆっくり過ごす、なんてことは
おそらく彼にとっては拷問の類に値するでしょう。

思い立ったら即行動!
じっくり考えてから・・慎重に・・・
という概念がないので
衝動のままに直感的に動いてしまいます。

まぁ、その行動力と判断力、
スピード感が彼の魅力でもあるし、

ADHDは脳の器質的、機能的な原因のために
生じる発達、成熟に偏りであり、
彼の人間性に問題があるわけではなく
しょうがないことなので、
いいんですけどね。

いいんですケド!

ろくに商品を確認もせずに
『今すぐ購入』するから
芝も植物も枯れてしもて、
シンボルツリーのヤシの木まで
瀕死やんかいさーっ!( *`ω´)

やっぱり
しょうがなくないわっ!

えらい失態をやらかしたにも関わらず
起こってしまったことを
クヨクヨ悩まないのも
MARKの発達特性です。

次の瞬間には
庭職人さんに連絡し、
芝の張り替えの見積もりを出してもらい、

わたしがあっち向いてこっち向いたときには
ばぶばぶのお庭はもう新しい芝に
張り替えられていました。笑

極端なまでに、
問題解決能力が高いです・・・
早すぎてついていけません。(でもそこが好き)

芝の張り替えって
めっちゃ高額だったんじゃないの?

聞いてみたら

「うん。高かったよ♡
でもママたちの癒しのばぶばぶを守るために
張り替え必須やろ?
迷う余地ないや〜ん」

・・・まぁ。
ですよね。(⌒-⌒; )

ばぶばぶのお庭には
青々したグリーンが戻ってきました!
魔女はもういません笑

さて、
梅雨に入って雨が降るたびに
家の窓ガラスに小さなミミズみたいな生き物が
大量にくっつく事件が勃発。

すると昨日さっそく
大きな怪しい荷物が届きました。

「庭に撒いたら、ミミズが這い出してきて
駆除できる薬剤を見つけたから買ってみた♡
安心して。植物には無害なんだって〜!」

・・・ほんまやろな?
信じられへんのやけど。

ちゃんと商品確認したやろな?
駆除できるのはミミズだけやろな?

懲りずに衝動的に
ポチッとしたんとちゃうやろな?
芝の二の舞になるんちゃうやろな?

魔女はもう呼ばんでええねんー!

一覧に戻る

人気記事

2022.10.05

帝王切開は何回まで?

2022.10.04

赤ちゃんの名づけに大後悔

2022.10.01

稽留流産。手術か自然排出か

2022.09.29

12人産んでよかったこと

2022.09.27

子どもを性被害から守るために私たちにできること