HISAKOブログHISAKOブログ
2022.04.28

赤ちゃんの人見知りの原因はアレだった!

慌てない、慌てない♪

赤ちゃんの人見知りの原因はアレだった!

ママの前ではリラックスして
笑顔を振りまく赤ちゃんが
他人にはギャン泣き!
もしくはフリーズ!

ときには
じいじばあば、パパにさえも全力で
「近寄ったら許さんからなっ!」
だったりするので

気まずいやら
申し訳ないやらママは困惑ですよね。

「人見知り」は一般的に
生後6ヶ月頃から、2〜3歳頃まで
続くケースが多いですが

時期や程度はさまざまで、
もっと早くから始まる子もいるし、
来るもの拒まずな子もいるし、
今頃?な時期に始まる子も。

12人育ててきましたが、
兄弟姉妹であっても、
人見知りをする子、しない子、
見事に個人差がありました。

なぜ赤ちゃんは
人見知りするのでしょうか。

人見知りをする赤ちゃんと
しない赤ちゃんでは
どんな違いがあるのでしょうか。

人見知りの原因は

『赤ちゃんが他人とママを
区別できるようになって
見慣れない人への警戒心が育つから』

と思っていましたが、
どうやらそれは違うらしい!

他人とママを区別する能力は
生まれてすぐの赤ちゃんにも
すでに備わっています。

見慣れない人に興味津々、近づきたい!
・・・でも、怖い!
どうしたらいいの?

相反する2つの気持ちの
どっちを選ぶか迷って葛藤した結果、
人見知りという行動になって
表れてしまうのだそうです。
(めっちゃかわいいな笑)

平成25年
科学技術振興機構が発表した
研究結果によると、

人見知りが強い赤ちゃんほど、
「警戒心」の気質が強い一方で、
「好奇心」の気質も同等に強い、
ということが分かりました。

つまり、人見知りは、
「他人とママを区別できる」
ようになったからではなく、
「他人に興味を持ち始めた」
ために始まるのです。

人見知りが強い赤ちゃんは、
人見知りの弱い赤ちゃんよりも、
相手のことを長い時間
じ〜っと見つめますが、
相手が自分に注目していないことが条件。

実験では、
相手の目線がこっちを向くと
耐えられなくなって
目を反らしてしまったそうです。

一方で、人見知りの弱い赤ちゃんは
相手をじーっと観察すること自体が少なく
相手がこっちを向いたところで
目を反らすことも少なかったそうです。

「相手に近づきたい」
そして
「相手から離れたい」

という、相反する気持ちの狭間で
思わず相手の目を見てしまう。

でも、相手に見られ続けると
目をそらしてしまう。

逆に、相手が目をそらすと、
じーっと観察する。

人見知りの強い赤ちゃんは、
このような行動をしていることが
示されました。

動物にとって
「目を合わせる」ということは、
基本的に相手を威嚇する行動なのだそうです。

そのため目が合うと
自動的に脳の「扁桃体(へんとうたい)」
という部分が働き、
恐怖を感じると言われています。

この仕組みがわたしたちの脳にもあるため、
誰かとビシッと目が合ってしまうと
「反射的に恐怖を感じてしまう」
のです。

大人であれば、
脳の「前頭前野」という部分の働きによって、
相手が危険でないとわかれば、
恐怖は抑えられます。

赤ちゃんは、脳の機能が未発達なため、
反射的にわき上がる恐怖を
抑えることができないのですね。

怖いモノ見たさで
思わず見てしまうという行動は、
大人にもありますよね。

怖いなら見なければいいのに、
「怖いけど見ちゃう」
という矛盾した行動や葛藤が、
あんな小さな赤ちゃんにもあるなんて、
すごいですよね!

人見知りが激しいからといって、
家の中ばかりいたから、とか、
ママの性格が内向的だから、とか、
そうした外的な要因は
あまり関係ありません。

子どもの人見知りで悩んでいるママは、
まず「自分のせいじゃない」と
安心して下さいね!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hisakohome_notice-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: babubabu_notice-2-1024x1024.jpg

一覧に戻る

人気記事

2022.05.13

ななのオウム返し(発達障害)

2022.05.12

ななの独り言(発達障害)

2022.05.11

昔、傷つけてしまった友達

2022.05.09

猫のように生きたい(中3ここちゃん意見文)

2022.04.28

赤ちゃんの人見知りの原因はアレだった!