HISAKOブログHISAKOブログ
2023.01.12

チリも積もればなんとやら 

『チリも積もれば山となる』
小さいものでも積み重なれば大きなものになる
という意味の、
とても有名なことわざです。

小さなことでもいいから
善行や努力を地道に積み重ねていこう。
毎日コツコツ努力すれば
目標は達成できるかもしれないよ!( ´ ▽ ` )

というポジティブな意味で使われることもあれば

ほんの小さな怠慢や無駄が
やがて思いもよらない大きな損失に
つながっちゃうかもしれないぞぉ〜( ̄◇ ̄;)

というネガティブな意味でも使われます。

高校受験を目前にして猛勉強中(?)の
中学3年生、ここちゃん。

「みんな〝山となる〟って
正解を知っているはずやのに、
なんでわざわざ「なんとやら」って言うんやろ・・・」

気になって調べてみたそうです。

受験勉強がてら
こういうどーでもいい雑学に疑問を持って
積極的に調べてみるって素晴らしいですね。

さて。
ここちゃんが調べてわかったこと。

『あえてことわざのすべてを言わずに
一部にとどめることによって
オブラートに包んで角が立たないようにする
日本人の奥ゆかしさがもたらす工夫』

うーん、なんとなくわかるような
わからんような・・・(⌒-⌒; )

〝奥ゆかしい〟とは何だろう?

『心遣いや気配りが行き届き
謙虚で控えめな態度であること』

例えば、わたしは
相手と意見が違ったとき
異なる考えを真っ向から
否定するような伝え方はしません。

人間関係は円滑なほうがいい。
だからごく自然に、
相手を傷つけ合わないように
場の空気を読んだり、顔色を見ながら
直接的な表現を避け遠回しに
伝えることがあります。

意識していなくても
相手を想う心遣いから
わたし、とても奥ゆかしいですね〜!笑

「恐れ入りますが」
「お手数ですが」

など、お願いするときや断るときに
次にくる言葉の衝撃を
クッションのように柔らかくしてくれる
言葉も普段よく使います。

もっと仲良しの打ち解けた間柄でも

「ちょっと悪いけど、それ取ってー」
「せっかくやけど、いらんわー」

とか、言いますよね!

奥ゆかしさの中には
言葉を使わずに思いを伝える
ということも含まれています。

その一例が
『チリも積もればなんとやら』なわけですね。

これは発信する側と受信する側の
共通認識があって初めて成り立つものです。
つまり、奥ゆかしさだらけの日本人同士だけが
分かりあえるものなんですね。

「でもさぁ!
『チリも積もれば山となる』って言われて
傷つくヤツなんておるかな?
そこ、オブラートに包む必要ってある?
〝なんとやら〟ってなんやねん!
めんどくさっ!」

まあ、ここちゃんのご指摘も
分からなくもないですが、

本音と建前、あうんの呼吸。
こういう奥ゆかしさがあるからこそ
日本人なんだよ〜わが娘。


オールマイティウォッシュ ポメロ300ml 約3,000円OFFお試しキャンペーン実施中!

一覧に戻る

人気記事

2023.02.01

中3ここちゃん高校合格!

2023.01.28

産んでくれと頼んだ覚えはない!

2023.01.30

せっかちで好奇心が旺盛で楽しいことが大好きな赤ちゃん

2023.01.26

インスタグラムに挑戦!

2023.01.23

高校入試だよ!