HISAKOブログHISAKOブログ
2023.01.06

男性機能をセルフチェック! 

〝不妊〟という言葉は
女性が妊娠できない身体である、というイメージが
強いかもしれません。

〝不妊治療〟に関しても
女性が受けるもの、という印象がありますが

妊娠可能な年齢のカップルの15%が不妊であり、
そのうちなんと48%が男性が関与することが
わかっています。

不妊治療は女性だけのものではなく
男性も自分事として
捉えなければならないのですが

女性のほうが圧倒的に
「子どもがほしい」という気持ちが強く、
妊活に必死になる傾向があるようです。

不妊治療は夫婦の問題だから
一緒に行くのが当たり前と
わたしたち女性は考えるのですが、

「子どもを授かるかどうかは
自然に任せる。
できないのならそれでもいい」

という考え方の男性が多く
不妊治療に積極的ではない
というパターンは本当によく聞きます。

女性側の気持ちと温度差があると

「彼は私たちの将来をちゃんと考えてくれていない」

とがっかりしてしまいますが
こればっかりはもう、
男女の脳の違いなので
どうすることもできません。

でも、どうかわかってあげてください。
彼の態度は決して、
「あなたとの赤ちゃんのことをどうでもいいと思っている」
ということには直結しないんですよ。

48%が男性不妊である、という事実を
彼が受け入れてくれること、
他人事ではなく、自ら検査を受けてみようと
行動してくれることが
最初の一歩になりますが、
どう伝えたらわかってもらえるくのか。
難しい問題ですよね・・・。

中には、理解はしてるけど
もし、よくない結果が出てきたら?
男性としてのプライドに関わる
デリケートなことでもあったりするため
恐れて受診を渋る人もいるかもしれません。

わたしたちでも、
最近太ったな〜と思うとき、怖くて体重計に
乗れないことってありますよね。

多少の体重増加と不妊では重大性がまるで違うよ!
と言われるかもしれませんが
現実を受け入れるというのは
思いのほか、大きなストレスを感じることでもあるので
彼らの気持ちはわからないでもない。

だからこそ、難しい問題だと思います。

さて、
男性不妊の原因は3つ。

1)精子の数や量に問題がある、造精機能障害
2)セックスができない、性機能障害
3)精子がない、あるいはあっても出られない、閉塞性精路障害

排卵日を狙ってのセックスに抵抗があって
勃起や射精がうまくできないなどの心理的原因であれば
薬を使って解消できる可能性が高いです。

でも、精子を作ったり送ったりする
造精機能や通路の障害、

主に、精索静脈瘤、精路閉塞が原因で
妊娠しにくい場合は
治療しないことには前には進みません。

これらは不妊の原因になるだけではなく
年齢を重ねていくと
うつ症状やEDなど男性更年期の症状も
引き起こします。

どの病気も治療方法が確立されているので
早期発見、早期治療、
少しでも早く治療を始めたほうがいいと思います。

精液検査やホルモン検査は
不妊治療専門のレディースクリニックでも
してもらえますが

男性器の触診や超音波エコー検査など
より詳しい検査は泌尿器科で診察してもらうのが
確実です。

40〜50代にかけて
ゆるやかに生殖機能は低下しはじめ、
妊娠させにくくなります。

そのうち・・・ではなく
一番若い今、始めることが大事!

医療機関の受診が
男性不妊克服の最短ルートであることを
覚えておいてください。

男性機能はセルフチェックできるので、
カップルでぜひチェックしてみてくださいね。

以下、ひとつでも該当するものがあれば
病院を受診しましょう。

1)挿入・射精ができない
2)陰毛が少ない。陰嚢が小さい
3)陰嚢が腫れている。でこぼこしている。
  熱をもった感じがある。
4)陰嚢に違和感や鈍痛がある
5)陰嚢のサイズに左右差がある
6)過去に陰嚢が腫れたことがある
7)たばこを吸っている
8)ブリーフを愛用している。
9)熱い湯船やサウナが好き
10)BMIが25 以上(肥満)
11)ホルモン剤や筋肉増強剤を内服している
12)女性だけが検査治療すればいいと思っている

男性不妊を改善する近道は
原因となる病気の早期発見、早期治療です。

あなたの勇気ある一歩が
彼女との未来を変えるかもしれないのです。


オールマイティウォッシュ ポメロ300ml 約3,000円OFFお試しキャンペーン実施中!

一覧に戻る

人気記事

2023.02.01

中3ここちゃん高校合格!

2023.01.28

産んでくれと頼んだ覚えはない!

2023.01.30

せっかちで好奇心が旺盛で楽しいことが大好きな赤ちゃん

2023.01.26

インスタグラムに挑戦!

2023.01.23

高校入試だよ!