HISAKOブログHISAKOブログ
2022.03.10

ととの前髪が〜〜〜!( ; ; )

あ〜もう、

ととの前髪が〜〜〜!( ; ; )

大家族のわが家では、
小学生以上は自室で眠っていますが、
幼児たちはパパママのベッドで一緒に寝ています。

朝5時。
わたしは先にキッチンに向かい、
朝食とお弁当の準備。

ちょうどできあがった頃に、
ベッドルームから小さな子たちが出てきます。

いつものように
「おはよう」のハグをした瞬間・・・

ん?
ん〜〜〜〜〜〜????(°_°)

見たくないものが、見えてしまいました。

5歳、ととの頭!!!
ウソやろ・・・( ̄∀ ̄)

生まれたときから一度も切ったことがない
自慢の前髪が
短髪通り越して生え際でチョンチョンに
切り落とされているではありませんか!!

え?いつ切ったの?

どうやら、昨夜、
自分で髪の毛を切ってしまったようです・・・。

5歳になってお絵描きや塗り絵、
折り紙を器用に切って
いろんな作品を作れるようになったので

とと専用の机を用意して
えんぴつ、色鉛筆、はさみなど
文房具を揃えてあげました。

そのハサミは、紛れもなく
ととのハサミだから使ってもいいんだけど
髪を切るなんて・・・
油断しました。

子どもたちの散髪はわたしが担当です。
子だくさんは、いちいち散髪屋さんに行ってられません。
長年培ったヘアカットの技術は
我ながらなかなかのモンなんです^ ^

中学生以上、大きい組の子どもたち(ママも)は
前髪カットは自分でします。
乙女は、コンマ数ミリが気になるようで
そんなにしょっちゅう切る必要ないやろ、と思うけれど、
よく洗面所の鏡に向かって
凄まじい集中力を駆使しながら、ちまちまと
ハサミを使っています。

ととは、そんな姉ちゃんたちの姿を日々見ているので
「自分で髪を切る」=かっこいい♪
だったのでしょう。

そこに自分のハサミがあったから、
おうちカットを
真似しちゃったんですね、きっと・・・。

そういえば、うちの女子たち、
3歳〜5歳のときに「自分散髪」をやっちゃった子は
半数もいます。(確率高っ!)

鼻歌交じりにざっくざっく切り刻み、
お手上げ状態に仕上げて、
ニコニコしながら
「ママ〜見て〜♪」
自慢げな衝撃の報告をされ

慌てて洗面所を見に行ったら
黒々とした毛束が大量に散乱・・・
ぶっ倒れそうになりました。

なんとかそれっぽくごまかそうにも
ごまかしようもないほどのざん切り頭・・・。
リセットがかかるまでに約1年を要したのは
22歳の長女の昔話です。

他にも、ソファの座面にハサミを突き立てた子、
幼稚園のスモッグを切り刻んだ子がいましたが、
そういや、事件はみんな3歳〜5歳だったなぁ・・・。

「このくらいの年齢の子は
やりおるぞ!」

ってことを、
12人も育ててたら経験上
十分承知しているはずなのに。
ほんま油断しました・・・。

子どもは好奇心のかたまりで
ハサミは大好きです!

物を切る作業は、子どもの創造力を刺激し、
手先が器用になり、
発達に好影響を与えるためにも
大きな効果があると言われています。

洋服、髪の毛、シーツなど、
紙以外のものは切らないこと。
ハサミを持ったまま歩かないこと。
大人と一緒に使うこと。

ハサミを安全に使うための約束は
くどいほどにしなければいけませんね。

目をついたり、
耳を切ったりしなかっただけヨシとするか。

子どもはどんな髪型でも可愛いことに
変わりはないし、すぐ伸びるから大丈夫!
と言い聞かせつつ・・・

でも、切ったことのない
ととの前髪はトレードマークだったんです。

アップにしたとき
生え際を囲むフワフワした産毛の量が絶妙で
おでこの形がとてもキレイで色っぽい。

本人はきっとそんなことどうでもいい話でしょうけど
ママがこだわってたんです!
自慢のロング前髪だったんです!

ケロっとしてる本人の横で
この世の終わりかのようにうなだれるママ。^^;

この悲しみを、
昔、わが家でもっとも激しい『自分散髪』をやらかした
長女(22歳)に泣きついたら、

今、韓国で『産毛パーマ』なるものが
流行っていると教えてくれました。

顔まわりの産毛や後れ毛、
잔머리(チャンモリ)があると
小顔効果が得られるとのことで
韓国女子の間で人気なんだそうです。

わざわざ前髪をあり得ないぐらい薄くカットして
産毛っぽいパーマをかけるそうです。

ととが切ったのと同じぐらい短くした
前髪にチャンモリパーマ施術中の韓国女子の動画を
観せてもらいました。

作った産毛がヘアラインを流れるように包み込み
女性らしい丸いかわいいおでこが手に入るので
今の流行に乗っちゃえば
ととの前髪はアリだと長女はわたしを
励ましてくれました。(^◇^;)

そうなのね・・・
そういうことにしておこう。

でも、ととは、
人工チャンモリなんか作らずとも
天然のかわいいチャンモリがあったのよ。

やっぱり悔しい。

翌日撮った動画のコメントには
「ととちゃん前髪どうしたの?」って
書いてありました。

それを読んで、
またまたちょっと凹んでしまったママでした。(笑)

元の長さに戻るには
2年ぐらいかかりそうです。

ねね(1歳)も
とと同様の天然チャンモリを所有しておられます。

3〜5歳になったら
やらかすこと前提で
ぜったい、今度こそ守り抜いてやるーーーーーーー!!!( ̄^ ̄)

本日の動画

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hisakohome_notice-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: babubabu_notice-2-1024x1024.jpg



一覧に戻る

人気記事

2022.05.13

ななのオウム返し(発達障害)

2022.05.12

ななの独り言(発達障害)

2022.05.11

昔、傷つけてしまった友達

2022.05.09

猫のように生きたい(中3ここちゃん意見文)

2022.04.28

赤ちゃんの人見知りの原因はアレだった!