HISAKOブログHISAKOブログ
2022.02.02

子どもとテレビ観てたらベッドシーン!さぁどうする?

小学生の子どもとテレビを観ていたら
男女が裸で絡み合うシーン!
さぁこんなとき、あなたならどうしますか?

セックスに対して
よくないもの、いやらしいもの、
という負のイメージを持たせるのも違うので
あえて、そのまま観続ける
という人もいらっしゃるでしょうし、

親子でどうしていいかわからず
気まずい空気のまま凍りついてしまい
脇汗かいた〜という経験のあるママも
いらっしゃるかもしれませんね。

中には、
さりげなくテレビを消してその場を去る!
というのもアリでしょうか。

いろんな学校に
いのちの授業に行って思うのは
小学校4年生、10歳ぐらいまでは
純粋無垢に目をキラキラさせながら
わたしの話に耳を傾けてくれるのですが

5〜6年生になると
「アノ話だぜ」と言わんばかりに
ニヤニヤしながら興味津々に聞いてる子や
「気持ち悪い話しないでほしいんだけど・・・」
という嫌悪感丸出しの表情で聞いている子など

セックス=エロいもの

という先入観が
すでに入ってきていることが
多いように感じています。

性には3つの柱があります。

①赤ちゃんを作るための性
②コミュニケーションの性
③同意なき暴力の性

①②はセックスの光(明るい未来)の側面で
③は陰(破滅への道)の側面ですよね。

子どもたちにセックスを伝えるとき
この光と陰の両面を
中立に伝えなければならないと思っています。

わたしは自分の子どもたちに
3つの柱をあらかじめ伝えておいて
映画などでベッドシーンが出てきたとき、

「ハイ、キタ〜!
これは3つのうちどれ!?」

と質問します。

3つめの暴力の性には
巻き込まれないでほしいことを
伝えてあるので

そういうシーンが出てきたときは
これはアリなのか?ナシなのか?

2人の同意のもとの
ハッピーなコミュニケーションなのか?
それとも一方的な押し付けなのか?

ぜったい嫌のはずなのに
この女性は
なんで断らなかったんだろう?

などとという議論に発展します。

2つ目の性で、
「ド派手な演出入ってるや〜ん!」
という描写のときは

「こんなん現実とぜんぜんちゃうで。
これはリアルではやらん。
テレビやから盛っとるな!」

バーチャルと現実のギャップも
さりげなく伝えます。

つまり。

わたしはセックスシーンが出てきたとき、
ここぞとばかりにフォーカスして
子どもと思う存分に議論をすることに
しているんです!

ママが逃げず恥ずかしがらず
楽しくまじめにセックスを語れば

子どもも、後ろめたさや拒絶感、
偏った先入観を持たず
正しく健全な性を学んでいくと信じています!

本日の動画

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hisakohome_notice-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: babubabu_notice-2-1024x1024.jpg


一覧に戻る

人気記事

2022.05.13

ななのオウム返し(発達障害)

2022.05.12

ななの独り言(発達障害)

2022.05.11

昔、傷つけてしまった友達

2022.05.09

猫のように生きたい(中3ここちゃん意見文)

2022.04.28

赤ちゃんの人見知りの原因はアレだった!