HISAKOブログHISAKOブログ
2018.08.21

乳腺炎で入院1週間?!

最近おっぱいの調子がよかったはるちゃんママ。
夏休みに久々の里帰りをされました。

車を出発させてまもなく・・・

エアコン効きすぎじゃない?
アレ?わたしだけ?
この寒さ、普通じゃない?

体調の異変に気づきました。

あれよあれよと寒気がひどくなり
ガタガタ震え始めました。
節々の痛み、頭痛、

あ〜〜〜〜これ
確実アカンやつやー!
うそやろ・・・なんでこのタイミングなんっ!

今まで何度か乳腺炎を繰り返してきたので、
襲ってきた症状が、おっぱいからくるものであることは
すぐにわかりました。

おっぱいに触れてみると、やっぱりです。
打ち身のような痛みがありました。

車中、はるちゃんにむりやりおっぱいを飲んでもらい、
なんとか耐え忍びました。
乳腺炎→ひたすら授乳!
緊急自己対応策はかんぺき。さすがです。

実家に到着したときには
すでに熱は40℃を超えていました。

そのまま身動きとれなくなり
水分さえ受けつけなくなりました。

激しく襲ってくる倦怠感と脱水の危機を感じた彼女は
夜、救急車を呼びました。
もう、何しに実家に帰ってきたのやら・・・。

救急隊に乳腺炎を説明するものの
あまり理解してもらえず
連れて行ってもらえたのは田舎の救急病院でした。

受診したのは内科。

そこで再度、医師に乳腺炎だと説明しました。
とにかく点滴と、解熱鎮痛剤、抗生剤を処方してくれと。

「ん〜〜とりあえず、尿検査と血液検査ですね」

もう、そんなんええねん!
おっぱい痛いってゆーてるやん!
しんどくて死にそうやねん、早く点滴して〜

医師は彼女の訴えを聞いているんだかいないんだか、
おっぱいを診ることもなく、淡々と検査を開始。

内科医ですから。
乳腺炎の知識などほとんど持っていらっしゃらないのは
しかたがないことです。
高熱の成人女性に対して、
尿検査と血液検査は妥当な判断だと思います。 ^ ^

当然、乳腺炎ですから、
炎症反応と白血球の異常は明白。
高熱で脱水を起こしていることを示すケトン体も(++)。

医師は眉間にシワを寄せていいました。

「これは1週間ほど入院していただかないと」

入院?
乳腺炎で、入院ですって?
なんでそうなるのぉぉぉぉ〜〜〜〜。( ;∀;)

てゆーか、
なんでおっぱい診てくれないの・・・(T . T)

もういいです。
明日には大阪帰るので応急処置で
抗生剤の点滴だけしてください!

懇願して、点滴を受けて
ひとまず実家に帰らせてもらったそうです。

もしも彼女に乳腺炎の知識がなかったら、
救急の内科医師の言われるままに
実家で入院騒動になっていたかもしれません。

翌日、近所の産婦人科を受診。

「あら〜それはたいへんだったのねぇ。
入院って言われたの?」

5日分の抗生剤と、解熱鎮痛剤、葛根湯を処方してもらい
ようやく助産師さんにおっぱいを診てもらうことができました。
そうそう、これですよ、
彼女が希望していた対応は〜。

実家に帰って、倒れて、
なんにもしないまま救急受診して、
翌日婦人科受診して、
そのまま大阪に戻る・・・・

2018年夏。
はるちゃんママにとって大災難な帰省となりました。

人生、いろんなハプニングがありますね。
下半期は平和に過ごせますように。

よくがんばりました〜!

一覧に戻る

人気記事

2022.07.01

無痛分娩・帝王切開。お酒が強いと麻酔が効かないの?

2022.06.29

妊娠検査薬の歴史

2022.06.27

てぃだかんかん!

2022.06.24

専門職の連携がママを救う!

2022.06.23

自分はどうやって生まれてきたんだろう?