HISAKOブログHISAKOブログ
2022.01.11

先天性疾患のある0歳児を保育園へ。かわいそう?

生後3ヶ月の娘には心室中隔欠損があります。
穴のサイズは中ぐらい。
生まれてしばらくは陥没呼吸、
肺高血圧の症状などがありました。

元気がなくミルクの飲みが悪いようなら
すぐ手術になると言われましたが
生後2ヶ月になった今、
ゆっくりながらも母乳を飲んで緩やかに成長し、
穴の位置も自然に塞がる場所にあるので
小学生になるまで手術はせず
経過観察の予定です。

私は正社員で働いていて現在育休中。

当初は娘が7ヶ月になったら
保育園に預ける予定でした。

でも、心室中隔欠損があると
風邪などを引くと重症化しやすいと言われ、
0歳から預けることが不安でたまりません。

育休を伸ばして、
その期間内に病状がよくなったら
保育園に預けられるかな・・・などと
いろいろ葛藤しています。

私の母には、
「病気なのに保育園に預けるなんてかわいそう」
と言われてしまい・・・

私も、もし風邪を引かせて重症化したら嫌だし、
こんな娘を0歳から預けようとするなんて
ひどい親だよなぁ、
娘がかわいそうだよなぁとは思うのですが、

でも小学生になるまで働かないのも
金銭面的に厳しくて・・・

何歳ぐらいになれば
風邪をひいても重症化しなくなるのでしょうか。

病気の娘を保育園に預けることに関して
HISAKOさんはどのように考えますか?

↑↑

先天的心疾患に関わらず
何らかの基礎疾患を抱えている子どもの保育園入園は、
感染症にかかったときの重症化が心配ですよね。

心室中隔欠損でも、
自然治癒するパターン、
手術しなければいけないパターン、
その子によって症状はいろいろですが、

まずは主治医と相談して
医学的見地から保育園OKとのことなら
入園を検討していいと思います!

日常生活に制限がないのなら
とくに保育園で問題視されることもないし
集団生活も問題ありません。

以前、助産院ばぶばぶに
先天的な内臓疾患で、生まれてから何度も手術をし、
酸素ボンベを抱えながら入退院を繰り返していた
子がいました。

2歳上に保育園に通うお兄ちゃんがいたため
どうしても感染症をもらってしまいます。

かかるたびに重症化して入院。
そんな毎日でした。

1歳を過ぎて、ようやく酸素が外れ、
家族で過ごせる日も増えてきました。

外出の機会も増えてきて、
主治医から保育園入園のゴーサインが出ました。

ママの仕事は小児科医。
仕事柄、知識は誰よりもあったけど
疾病を抱えたわが子を保育園という
感染症だらけの集団生活の場に
送り込むのは勇気のいることでした。

やっぱり3歳ぐらいまで
家庭保育をすべきか?

もしも感染症から死んじゃうようなことが起きたら・・
そんなことも絶対ないとは言えないし、

先天的内臓疾患のわが子を
こんなに早く保育園に預けようとしている私は
ひどい親でしょうか・・
どうすればいいかわからない

と彼女は混乱していました。

ずいぶん悩み、
ばぶばぶでは何度もその話をしました。

保育園はいつでも入れるわけではないし
その子によって症状も違うし
心配し出したらキリがないですよね。

主治医から入園許可が下りているのなら、
あとは『ちょっとした特別な配慮』を意識して
小児科医という素晴らしい仕事、
社会のためにがんばってほしいと
わたしは背中を押しました。

『ちょっとした特別な配慮』とは。

保育園に通ったら風邪っぴきは避けられません。
基礎疾患があると風邪をひくと
軽度でも肺に負担がかかり治りにくい傾向はあるので、
ちょっと調子が悪い時点で受診。

休ませるなり、早めにお迎えに行くなど
仕事がどんなに立て込んでいても
職場に迷惑をかけるとしても
子どもの体調を最優先に考え行動すること。

担任の先生とは検診ごとに報告したり
お熱の時のお迎えの連絡を早めにしてもらったり
『ほう・れん・そう』をこまめに。

それらの『ちょっとした配慮』を必ず優先するという
意識さえあれば
入園させていいし「かわいそう」ではないと思います。

「かわいそう」なのは、
何かが起きたときにママが
正しい判断で子どものために行動しない場合です。

熱っぽいのに無理やり保育園に連れていくとか
激しく咳をしているのに買い物に連れ出すとかね。

少々風邪をこじらすというデメリットはあっても
保育園で得ることのできるメリットはたくさんあります!

その子は結局、
1歳代でお兄ちゃんと同じ園に入園し
ママは復職しました。

心配していた感染症の重症化は、
ときどき入院騒動にはなっていましたが
大事には至らず、スクスクと成長していきました。

保育園から呼ばれた時に
お迎えに行ってくれる人の確保は必須です。

彼女の場合は、
実家がずいぶん助けてくれたようです。

家族内で対処できそうもないときは
病児保育対応の園の確保なども視野に入れて
準備しておきましょう。

行動制限のない心室中隔欠損なら
1〜2歳の間は風邪をこじらせることもありますが
3歳ぐらいになれば免疫力がついて
見違えるように元気いっぱいになると思います!

とはいえ、基礎疾患の有無にかかわらず
0〜2歳はみんな免疫力が弱いので
風邪をこじらすこと、普通にあります!

うちの12人の子どもたちは
乳幼児期に3人が入院経験アリ。

それでも、全員0歳から
とても楽しそうにイキイキと保育園に通っていました。

その姿を見ていると
「かわいそう」なんてまったく思いません!

本日の動画

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hisakohome_notice-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: babubabu_notice-2-1024x1024.jpg


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hisakoblog_oldlink.jpg
一覧に戻る

人気記事

2022.05.13

ななのオウム返し(発達障害)

2022.05.12

ななの独り言(発達障害)

2022.05.11

昔、傷つけてしまった友達

2022.05.09

猫のように生きたい(中3ここちゃん意見文)

2022.04.28

赤ちゃんの人見知りの原因はアレだった!