HISAKOブログHISAKOブログ
2020.06.12

妊娠18w、順調です!

沖縄、梅雨明けしました!
去年より1ヶ月近く早く真夏到来です。

暑いです!

大阪の夏もめっちゃ暑いですが、
なんやろな・・・
日差しの種類が違う感じです。

沖縄は大阪みたいに
35℃を超えるアホみたいな気温にはなりません。
せいぜい32℃止まりですが、
肌に突き刺すような、
痛いと感じるような暑さです。

第12子、現在妊娠18w。
人生ラストの(はず)の、つわりも明け、
少しずつおなかが目立ってきました。

46歳の妊娠、
さまざまなリスクを抱えていますが
あえて、出生前診断は受けませんでした。

「高齢妊娠、怖くないの?HISAKOさん・・・」

そんな声もたくさんいただきます。
心配してもらってありがとね。( ´∀`)

昨日見せてもらった超音波エコーの赤ちゃんは
とても順調に育っていました。

エコーでわかることは、
赤ちゃんのほんの一部の情報のみだから、
18w現段階で気づくことができない
『何か』を彼は秘めているのかもしれないけど、

ジャストなう!

順調に育ってくれている事実だけを
しっかりと受け止め、
温めていこうと思います♪

そんなふうに思えるのも、

この空!
この海!

広大でエネルギッシュで
いろんなことを自分の都合のいいように
捻じ曲げようとしたり、
まだ決定事項でもないことを
あれこれ想像して不安になったりするよりも

ありのまま、来るもの拒まずで
ドーンと構えて受け止めてやる!

そんなデカイ気持ちになってきます。

自然はすごい。
ちっぽけな人間の脳内から
なんかよぅわからん麻薬的なホルモン出させるぐらい
朝飯前なんですよ。

支配されてます、大自然に。

だから、海とは仲良くしとかなあかんなぁと
思っています。
(ただ泳ぎたいだけか)

子どもたちはすっかり沖縄に慣れ、
新しい友達を家に連れ込み、
小学校1年生など、
早くもちょっと沖縄弁がうつってきてます。

2年生は、もうクラス全員友達なったと
言ってるし(ただし名前は覚えてない)

発達障害があり、
新しい環境に馴染めるかもっとも不安だった6年生も、
最近では学校楽しくなってきた!って
言い始めています。

中1は、放課後も友達と学校に居座って
帰ってきません。

保育園児に至っては、論外です(笑)

みんな、
大阪の友達と離れ離れになったのに、
なんたることでしょうか!

子どもの順応性の素晴らしさには
本当に本当にびっくりします。

そして、
わたしにもママ友ができました。

沖縄の巨大ゴキブリが
人の顔に向かって
戦いを挑んでくることや、

手のひらサイズのバッタがいることや

運動会のお弁当に
カレーを鍋ごと持っていく人がいることや

衝撃的な情報をたくさん提供してくれます(笑)

「梅雨が明けたらビーパね!」

と誘われました。

ビーパ?
なんやそれ。

パリピ系の何か?

ビーパとは。
ビーチパーティーのことだそうです。

沖縄の人たちは肉やら酒やら持ち込んで
ビーチでパーティーをするのが定番やねんて。

あーなるほど。
大阪人のいうところの、
〝タコパ〟みたいなヤツやな。

ちなみにタコパとは。
大阪人はみんなやる、
たこ焼きパーティーのことです。
まぁタコパはビーチではやりませんが。(^◇^;)

ビーパもタコパも
パリピ系(パーティーピープル)には
間違いないかと思います。(笑)

梅雨が明けた途端、
海の色、オーシャンブルーと
空の色、スカイブルーの発色の鮮やかさが
ガラリと変わりました!

そりゃもう、言葉では言い表せないような
美しさがそこらじゅうに拡がっています♪

そんなビーチでBBQ!
ええやないの、ええやないの。

じゃあわたし
泳ぎたいねんけど!(妊婦やけど)

というと、
・・・フンって鼻で笑われましたよ。(T ^ T)

海は入るものではなく
眺めるものだと。

えーーーもったいない。
色とりどりの熱帯魚いっぱい泳いでる
こんなにも透明の海なのに、
入らないなんてもったいなすぎる。

・・・と、考えるのは所詮
内地の人間なのですね~。

「やけどしたいのなら
泳げばいいさー」

「日焼け止め?
そんなの、この日差しに効くわけないさー」

いろいろ忠告を受けていますが、
泳ぎたいんやもん。
肉食べて、ひとりでも泳ぐつもり。

だってなんとなく、沖縄で授かった奇跡の子は
この海と碧と
この空の蒼に
守られている気がするから。

ウェットスーツ着たらいけるやろ!

妊婦用のウェットってあるんかな・・・?

一覧に戻る

人気記事

2022.10.05

帝王切開は何回まで?

2022.10.04

赤ちゃんの名づけに大後悔

2022.10.01

稽留流産。手術か自然排出か

2022.09.29

12人産んでよかったこと

2022.09.27

子どもを性被害から守るために私たちにできること